もみかえしで大変だったマッサージ初体験

もみかえしで大変だったマッサージ初体験

私は、若い頃は肩こりなど無縁でした。肩を触られるとくすぐったくて、肩もみはしてもらったことがありませんでした。体をさわられると、くすぐったかったので、マッサージなんてやってみようとおもったことはありませんでした。でも、保育士の仕事を始めると、腰痛がでてしまいました。我慢しながら仕事をしていましたが、ある日、布団メーカーの宣伝、販売、サービスで、マッサージをしてくれるから一緒に行こうと同僚に誘われ、布団購入はしないけど、マッサージだけしてもらいに行きました。マッサージは、やっぱりくすぐったく、笑いをこらえるのに大変でした。腰が痛いというと、腰を痛いくらい、念入りに、指圧のように、もんでくれました。終わってみると、なんだか、だるい感じで、気持ちよかった感じはしませんでした。大変なのは、次の日でした。今までよりもずっと腰が痛くなって、起き上がれなくなったのです。時間をかけて、起き上がり、なんとか出勤しましたが、仕事は出来ませんでした。これはもみっ返しだよと、だれかに言われました。モミっかえしで、こんなに痛くくるしいのなら、もう二度とマッサージはやるまいと思いました。その後、10年以上、マッサージはしませんでしたが、パソコン仕事で、首こり、肩こり、背中まで、こってしまったとき、久々に、こわごわ、マッサージに行きました。そしたら、この時は、とっても気持ちよく、こりも改善。もみっ返しもありませんでした。今では、整体、カイロプラクティック、マッサージ、何でもやってもらっています。
トップに戻る